息子の嫁と同居を始めた日から、私たち家族は波乱万丈な運命へと導かれていきました

  息子の嫁が嫌いのナビゲーター   トップページ > 11.失われたプライド > お隣のお嫁さんが我が家の鬼嫁に喧嘩を売りました  




 | HOME | 

お隣のお嫁さんが我が家の鬼嫁に喧嘩を売りました

2017 - 07/14 [Fri] - 11:30

私がようやく新ネタであるカンガルーのものまねを

終えて、ご近所さん達の講評を受けている時でした。

それまで黙っていたお隣のお嫁さんが

我が家の鬼嫁に向かって言ったのです。

「あの~、これってお姑さんをイジメる会なんですかぁ?」

その瞬間、それまで盛り上がっていた空気が

一気に凍りついたのが分かりました。

ご近所さん達は皆一斉に黙りこみ、お隣のお嫁さんと

我が家の鬼嫁の様子を窺っていました。

「あら、そんなふうに見えましたぁ?

これはうちのお義母さんのストレス発散なんですよぉ~。

ねえ、お義母さん」

鬼嫁は私に振って来ると、またあの時の屈辱の口上を

私に言わせようとしてきたのです。

ひどい、救世主の前でまたもや自分が頭のおかしな

お婆さんだと言わせるなんて・・・。

そして私が死ぬ思いで屈辱のセリフを告げようとした時でした。

お隣のお嫁さんが、突然大きな声で笑い出したのです。

スポンサーサイト


主婦日記ランキング >>

舅・姑・小姑人気ランキング >>



 | HOME | 

プロフィール

まいこ

今から二年ほど前に、息子夫婦と同居をはじめました。

二世帯同居がはじまってしばらくした頃から、息子の嫁は、義父である私の旦那や息子の前ではとてもかわいい嫁を演じているのに、私の前では小悪魔な素顔を見せ始めました。

私が大切にしている物を夜中にこっそりとゴミ袋に入れて庭に出したり、義父に甘えて物をねだったり、日に日に嫁の行動はエスカレートしていきました。

やがて、私の旦那と息子をすっかり洗脳した嫁は二人を操り、私を次第に家族の中で孤立させていったのです。

ある時、家族旅行の車内でラップで互いをディスり合う私と嫁。
すると、まるで私が嫁をいじめていると勘違いした息子と旦那は、それから一方的に嫁の味方をするようになりました。

だんだん家の中で居場所を失っていく私。
すっかり我が家の覇権を握った嫁。

そして私は失ったプライドと覇権を取り戻すために、たった一人でも小悪魔な嫁に向き合い、生きていくことにしたのです。

ポチっとお願いします。
↓↓↓



RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブログ村