息子の嫁と同居を始めた日から、私たち家族は波乱万丈な運命へと導かれていきました

  息子の嫁が嫌いのナビゲーター   トップページ > 11.失われたプライド > 嫁は家族を屈服させた優越感に浸ってました  




 | HOME | 

嫁は家族を屈服させた優越感に浸ってました

2017 - 06/19 [Mon] - 11:30

次の日の朝、息子は元気のない姿で

嫁に連れられて私たちの前に現れました。

事情を何も知らない旦那は心配そうに

見ていましたが、昨夜何があったかを

知っている私は、ただただ息子をそっと

見守るしかありませんでした。

私が、息子が嫁の前で土下座している姿を

目撃していた事実を知れば、おそらく息子のプライドは

ひどく傷つき、私にもうちゃんと接してくれない

ように思いました。

母さんは何も知らない。あなたと嫁の間に

昨夜何があったのか。そういう姿勢でいたのです。

そして嫁は私や旦那だけでなく息子さえも

屈服させた優越感にすっかり浸っているようでした。

スポンサーサイト


主婦日記ランキング >>

舅・姑・小姑人気ランキング >>



 | HOME | 

プロフィール

まいこ

今から二年ほど前に、息子夫婦と同居をはじめました。

二世帯同居がはじまってしばらくした頃から、息子の嫁は、義父である私の旦那や息子の前ではとてもかわいい嫁を演じているのに、私の前では小悪魔な素顔を見せ始めました。

私が大切にしている物を夜中にこっそりとゴミ袋に入れて庭に出したり、義父に甘えて物をねだったり、日に日に嫁の行動はエスカレートしていきました。

やがて、私の旦那と息子をすっかり洗脳した嫁は二人を操り、私を次第に家族の中で孤立させていったのです。

ある時、家族旅行の車内でラップで互いをディスり合う私と嫁。
すると、まるで私が嫁をいじめていると勘違いした息子と旦那は、それから一方的に嫁の味方をするようになりました。

だんだん家の中で居場所を失っていく私。
すっかり我が家の覇権を握った嫁。

そして私は失ったプライドと覇権を取り戻すために、たった一人でも小悪魔な嫁に向き合い、生きていくことにしたのです。

ポチっとお願いします。
↓↓↓



RSSリンクの表示

QRコード

QR