息子の嫁と同居を始めた日から、私たち家族は波乱万丈な運命へと導かれていきました

  息子の嫁が嫌いのナビゲーター   トップページ > 11.失われたプライド > 母さんのせいで酷い目に合わせてしまってごめんね  




 | HOME | 

母さんのせいで酷い目に合わせてしまってごめんね

2017 - 06/16 [Fri] - 11:30

嫁の息子に対するお説教は延々30分近く続きました。

その間、息子はずっと旅館のロビーの一角で

浴衣姿で正座したままじっとしていたのです。

母親の私でさえ、息子をそんなふうに叱ったことは

一度もありませんでした。

ギャラリー達はいつのまにかいなくなり

私と遠くに居る仲居さんだけがその様子を

ずっと見ていたのですが、私はだんだん居たたまれなく

なってきた頃、嫁が立ちあがり、息子もそれに続いて

立ち上がると、足を引きずりながら部屋の方へと

帰っていったのです。

母さんのせいでこんな酷い目に合わせてしまってごめんね。

嫁の後をついていく息子の痛々しい姿を見ていると、

思わず泣きそうになってしまいました。

スポンサーサイト


主婦日記ランキング >>

舅・姑・小姑人気ランキング >>



 | HOME | 

プロフィール

まいこ

今から二年ほど前に、息子夫婦と同居をはじめました。

二世帯同居がはじまってしばらくした頃から、息子の嫁は、義父である私の旦那や息子の前ではとてもかわいい嫁を演じているのに、私の前では小悪魔な素顔を見せ始めました。

私が大切にしている物を夜中にこっそりとゴミ袋に入れて庭に出したり、義父に甘えて物をねだったり、日に日に嫁の行動はエスカレートしていきました。

やがて、私の旦那と息子をすっかり洗脳した嫁は二人を操り、私を次第に家族の中で孤立させていったのです。

ある時、家族旅行の車内でラップで互いをディスり合う私と嫁。
すると、まるで私が嫁をいじめていると勘違いした息子と旦那は、それから一方的に嫁の味方をするようになりました。

だんだん家の中で居場所を失っていく私。
すっかり我が家の覇権を握った嫁。

そして私は失ったプライドと覇権を取り戻すために、たった一人でも小悪魔な嫁に向き合い、生きていくことにしたのです。

ポチっとお願いします。
↓↓↓



RSSリンクの表示

QRコード

QR